YOUちゃんねる
気になることあれもこれも。
山下達郎

山下達郎「クリスマスイブ」で有名なあのCM~JR東海クリスマス・エクスプレス

クリスマスの曲と言えば、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」を思い浮かべる方も多いと思いますが、

この「クリスマス・イブ」を使ったJR東海のCMをご存じでしょうか?

今でも検索するとCM動画を見ることが出来ます。

当時のCMを知っている方は懐かしく、知らない方は可愛らしさと切ないストーリーにきゅん♪となること間違いなしですw

今回は、クリスマス・エクスプレスについて調べてみました。

JR東海のCM「クリスマス・エクスプレス」

「クリスマス・エクスプレス」とはJR東海が1989年~1992年に放送していた東海道新幹線のCMシリーズです。

遠距離恋愛のカップルがクリスマスに(久しぶりに)会う。というストーリーで作られていました。

音楽は山下達郎さんの「クリスマス・イブ」

この曲は発売から数年はそこまで知られた曲ではありませんでしたが、このCMにより一気に知名度がUP!!

今ではクリスマスシーズンには必ず流れる定番のロングヒットとなっています。

「クリスマス・エクスプレス」としては1989年からですが、

その前年1988年に作られた「ホームタウン・エクスプレス クリスマス編」

2000年に作られた「クリスマス・エクスプレス2000」も、同シリーズと関係しているので一緒に記載していきたいと思います。

「クリスマス・エクスプレス」CM一覧

1988年「ホームタウン・エクスプレス X’mas編」

「クリスマス・エクスプレス」が作られる前年に制作されたCM

遠距離恋愛中のカップルが再会する、というコンセプトは同じなので「クリスマス・エクスプレス」の第1作目と言えるのではないでしょうか。

彼女役は深津絵里さん(当時15歳)

キャッチフレーズは

「帰ってくるあなたが最高のプレゼント」

 

1989年「X’mas EXPRESS’89」

「クリスマス・エクスプレス」としては第1作目。

彼女役は牧瀬里穂さん(当時17歳)

キャッチフレーズは

「ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです」

 

1990年「X’mas EXPRESS’90」

彼女役は高橋里奈さん

キャッチフレーズは

「どうしてもあなたに会いたい夜があります」

 

1991年「Xmas EXPRESS’91」

彼女役は溝渕美保さん

キャッチフレーズは

「あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい」

 

1992年「Xmas EXPRESS’92」

彼女役は吉本多香美さん

キャッチフレーズは

「会えなかった時間を今夜取り戻したいのです」

CM内で山下達郎さんご本人が出演されています。

…わかりますか?(*’▽’)

彼女が走っている時にぶつかる男性…ギター持ってる男性です。

ちらりと振り返っていますが顔はよくわかりませんw

そして「クリスマス・エクスプレス」のCMはこの年を最後に終了となっています。

 

2000年「クリスマス・エクスプレス2000」

1992年に終了してから8年ぶり、20世紀最後の年に新たに制作されました。

彼女役は星野真里さん

キャッチフレーズは

「何世紀になっても会おうね」

新幹線に乗って彼に会いに行く彼女を見守る天使?に過去このCMに出演した深津絵里さんと牧瀬里穂さんが!

当時の映像も流れ、10代の頃の彼女たちと大人になった二人…そして今もまた「大好きな人に会いに行く」誰かがいる…。

感動ですよね!!!

キャッチフレーズの「何世紀になっても」は20世紀最後というこの年に合わせたキャッチフレーズです。

 

私自身は「クリスマス・エクスプレス」のCMといえば牧瀬里穂さん!なのですが、

どの作品も本当にイイ!

今見ても泣けるんですよ、これがホントに。

いい年した中年がいまだにこのCM見るとキュンとなってしまうんですわ。(;´・ω・)

山下達郎「クリスマス・イブ」の歌詞

 

「クリスマス・イブ」
作詞&作曲 山下達郎

雨は夜更け過ぎに
雪へと変わるだろう
Silent night, Holy night

きっと君は来ない
ひとりきりのクリスマス・イブ
Silent night, Holy night

心深く 秘めた想い
叶えられそうもない
必ず今夜なら
言えそうな気がした
Silent night, Holy night

まだ消え残る 君への想い
夜へと降り続く
街角にはクリスマス・トゥリー
銀色のきらめき
Silent night, Holy night

雨は夜更け過ぎに
雪へと変わるだろう
Silent night, Holy night

きっと君は来ない
ひとりきりのクリスマス・イブ
Silent night, Holy night

クリスマス・エクスプレスのCMではハッピーエンドですが、

この歌詞を見ると、どうでしょう?

あまりハッピーな感じがしないですよね。

個人的には、彼女(彼)がいる誰か…好きになっちゃいけない誰かを好きになったのかなぁ?と思ったり。

 

昔は携帯電話もネットもなくて、相手と全く連絡がつかないことは多々あったんですよ。

今、どこにいるのかわからない。

会えるのか会えないのかわからない。

ドキドキしながら、

今か今かと待ちながら、

もしかしたら半分諦めながら、

いろんな想いを胸にひたすら待つ。

今の時代からしたら「時間を無駄に」使うことだらけだったかもしれませんね。

でも、それもちょっぴり懐かしいです。

まとめ

最初にクリスマス・エクスプレスのCMが流れてから30年以上経ちますが、

このCMも山下達郎さんの「クリスマス・イブ」という曲も全く色あせることなく

今もなお、中高年をキュンとさせる(しつこいって?)名作です。

CMを見たことのない方はぜひぜひ検索して見てください。

牧瀬里穂さんの愛らしさに気絶するかもしれません。ご用心。